スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
SatelightRenderを動画でキャプチャーしてみたんだ
サテライトレンダリングのテストを動画にしてみた


XSI Satelight Render Test from MacW on Vimeo.
環境はMaster側とSlaveのCPULloadとかをいっぺんにキャプチャするために
MacPro上のParallelsで動かしているWinXP64をMasterにして
ML115G5をSlaveで接続しております。
レンダリングしたのはXSI7のICEサンプルです
こんな環境なので本来のパフォーマンスは発揮できていないですが
参考程度にみてください。

結果は
単独ですと 3分6秒
ML155G5追加で 2分47秒ってところっすかね
18秒短縮っすかね
動画の中でも示していますがParallelsの表示がオーバーヘッドになり
Slave側がレンダリング終わっている状態で表示がだいぶもたついております。
Parallelsを使わずちゃんとしたPCをマスターにすれば
表示が遅くなる事も無いのでもっと速くレンダリングが終わると思います。

余裕があれば導入するのもアリかとと思いまーす

あと電源バカ食いっぽくてウチのマシン全部稼働したら
今まで大丈夫だったのに起動した時点でブレーカー落ちちゃいましたw
どうしましょ・・・

ま!なんか考えよっと
んじゃ あでゅー!


追記 090804
linuxのスレーブのレンダリングで問題発生
パーティクルのブロブをローカル以外計算してくれない不具合を確認
Winのスレーブだと問題ないのでlinuxの方にバグかもしくは
ちゃんとインストールできてない可能性が出てきた

以後調べてみますわ

追記 090918
ICEから飛ばしたパーティクルをBlobにした場合はちゃんとレンダリングしてくれた・・・
2010からパーティクルシステムはICEで統一って事なので
とりあえず検証あきらめた・・・
スポンサーサイト
【2009/01/31 04:30】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<素体造り | ホーム | ML115G5でサテライト!OSはlinuxで各安レンダースレーブ編4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://macwatanabe.blog64.fc2.com/tb.php/42-4be8cb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。