スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第4回HDRI合成&パノラマ作成&フォトレタッチ編
いよいよ後半戦!
しまっていこー! バッチこい!

HDRI合成ですがPhotoShopCS2 からの機能です
PhotoshopでHDR(ハイダイナミックレンジ)な、ものすごい画像をつくる方法

ここに詳しく書いてあります。

簡単に説明いたしやす
PhotoShop(ウチはCS3です)から[ファイル/自動処理/HDRに統合]を選ぶ

082212img0009.jpg

次にこんなダイアログがでてファイル選択

082212img0010.jpg

そしたらこんな画面がでます

082212img0011.jpg

そんで難しい事考えずにおもむろに OKボタン! いいのかっ!?

そうすると32ビットHDRIの出来上がりぃぃ

次にいらない部分クロップして球だけの状態にします

082212img0012.jpg

こんな感じの2枚になりやす

082212img0013.jpg

こっからパノラマ展開作業
こいつをTIFの32Bit画像あたりで保存しましょう!

そんでPhotoShop上で極座標フィルタ使って展開できればいいんだけど
HRDIだとできないみたいなのでHDR Shopというソフトを使用して作業します
このソフトは学術研究目的ではフリーなのですがそれ以外に使う場合は
2年間で$600ライセンス購入が必要ですとのこと。
HDR Shop

AfterEffect使うとなんとか展開できたんですけど本当に劣化しないで
できているか心配だったのと こっちの方が簡単でした
うまくいったら買おうかのう


サイトから実行ファイルダウンロードして
おもむろにダブルクリック!

作ったTIFファイルを開きます
がしがしエラーがでましたけどあたしゃぁ気にしません!
OK! OK! NO Problem!

082212img0014.jpg

開けたらメニューの[Image/Panorama/Panoramic Transformations..]

ぽん!
こんなのが出ます

082212img0015.jpg

んで、設定は
Souce ImageFormatMirrored Ball
Destination Image側をLatitude/Longitudeにして
サイズが画変更されるので
つぶすのもモッタイナイんで
Height(高さ)を元画像の大きさへしときます(横が引き延ばされる感じ)

そんでOK押すと~~~!
パノラマ展開しまーす

2枚の画像を展開したのはこんな感じ

082212img0016.jpg

正面から見て球体の端っこがかなりひわってます
当然です球体なんですもん

裏表で撮ったのはココを補完するためです

よくみると分かるんですが裏面の両側にカーテンが映ってます
それって表面の僕が映っている所なんですわ
だもんで、その部分をはっつければOK!

PhotoShopに戻ってレタッチ作業っす

HDRIのまんまで作業っす
レイヤーをハーフにして乗っけて一を確認しながら
レイヤーマスク使ってつなぎ目ごまかしたりして
綺麗に一周するように画像をレタッチ!

うまいやり方はどっかのPhotoShopマスターにでも聞いてください
一回わかりゃ簡単Death!

082212img0017.jpg

完成画像はこんな感じです

082212img0018.jpg

僕が2人写ってるわん てへw (消すの面倒だからそのままでいいやぁ)

こいつをHDRIのまんまOpenEXRにでも保存しておきましょう

なぜOpenEXRなのかって!?

名前がかっこいいからDeath!

だんだんPC作業が多くなってきたぁ
明日は最後のXSIでの作業!

ひとまず、お疲れちゃん!

あ! 今日はクリスマスかぁ・・・
スポンサーサイト
【2008/12/25 11:00】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第5回 本当の本題XSI作業編 | ホーム | 第3回 カメラ!カメラ!カメラ!撮影編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://macwatanabe.blog64.fc2.com/tb.php/24-a2270471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。