スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
softimage2011の発表がありました
ずらーっと更新内容羅列
目玉はICE kinematicsかなぁ
シェーダーも一新と思ったけど
mentalray2011用に書き換わったって事かな?
FaceRobotはぜんぜんさわっとらんからわからないけど
文字打って口動かすのは面白いなぁ

pythonは追加で意廉でも良い感じかな?
時間観て読み解こうかな

http://area.autodesk.com/blogs/marks/softimage_2011

A quick breakdown of the new features in 2011

General

Icon to Maximize Floating Windows
Extra-wide icon to close PPGs and Views
New Views
Shader Code Editor
Shader Version Manager
Cache Manager
Lip Sync
New Preference to get Softimage text announcements
Camera and Viewports

Viewport object transparency
Object>Display>XRay Surface Display Opacity slider
Change the viewport opacity of geometry using a slider
Display Options>XRay Display Type>Transparent
Viewport visibility menu>XRay Surfaces
New buttons in Camera PPG to keyframe camera
Camera frustrum display
Camera clipping planes values now sliders
Viewport Slate
Text or tokens can be used to display scene information
New menu toggle for X-Ray (display option)
Modeling

Updated Booleans
Booleans are now faster and more stable
New implicit bone primitive
Useful for ICE kinematics
Texturing

Update to UV unfolding
New option to unfold islands generated by the unfold operator
Symmetry - if the geometry and cutlines are symmetrical so will be the unfold
New PPG option to update the Unfold without packing as well
Multiple UVs in the Texture Editor
control+click to set the UV editable/non-editable
Copy/Paste UV Improvements
Edit > Paste UVs
Edit > Paste Special > Using Source UVs Indices
Edit > Paste Special > Using Target UVs Indices
RenderMap/Ultimapper now use Pass Renderer (including 3rd party)
Automatic Tangents and Binormals
Animation

Function Curve Editor & Dopesheet & Mixer
Highlight playback range in background
Preference for Collapsing Animation Layers
Preserve Animation or Preserve Tangent Handles
Preference for scanning for old plug-ins in fcurve editor
Get>Property>Static Kinestate
Used for reference (neutral) poses
Face Robot

Automatic Lip syncing
A new workflow for creating phonemes (and visemes)
A new lip sync tab for Stage 5>Act
Viseme Setup
Support for English and Japanese phonemes
Lip Sync Creation options
Use AIFF, AVI, Quicktime or WAV
Add text
Automatically creates animation
The new view can display the Phonemes and weight curves
Simulation

Update PhysX library to version 2.83
NOTE: Due to a change in the PhysX library, actual shape collision results will be different in 2011
Support for CUDA acceleration for PhysX Rigid Body Dynamics (including ICE)
ICE

Springs and damper attributes for ICE rigid bodies
ICE Kinematics
ICE can now drive the Global kinematic property
The rigs' relationships can be expressed in a graph contained on a separate object (like a null)
You can use the simulate ICE tree to easily do secondary dynamics
ICE Kinematics and traditional Kinematics can live side by side
ICE Tree
User Tools>Replace model name with this_model
Preference for disabling cycle checking when connecting nodes in ICE tree
ICE Compounds and Nodes
Includes much of Phil’s ICE Pack
Around 130 new compounds and nodes
Scripting and SDK

Python now installed with Softimage
Script Editor now support tabs
MMB or control+W to close tab
RMB on tab to open containing folder
New file options including "save all tabs"
Scripting Preferences
Show spaces instead of Tabs
Use Python installed with Softimage (Windows only)
Custom Dynamic Shader creation
RenderMap exposed to Custom Renderers
Shaders
Shader Plugin API
Shader Parser Plugin API
RT Shader Wizard (HLSL and CGFX)
ImportFromSI3D Command No Longer Supported
Many Object Model additions
many C++ API additions
Data Management

New Tokens
[Camera] [CameraAspect] [CameraFormat] [CameraProjection] [CameraType] [Model] [Object] [Version] [CameraDisplayInfo]
New Tokens and Templates page in documentation
Cache Manager
View>Animation>Cache Manager, Animate>Plot>Cache Manager, Simulate>ICE>Edit>Cache Manager
UI Simplification
Cache Manager hosts Read, Write and Simulation caches
New Cache lists
To read and write multiple objects at the same time (cache list or add one by one)
Automatically scans the selection for available attributes to cache (listbox)
Tokens are saved with the scene not copied from the template preference
Simulation tab list all cache file node in read mode
Animation read tab lists all source caches with their corresponding object
Caching Improvements
Multiple objects can be cached at at time (in the same path)
Default template Preferences are used at scene creation, but can be overridden per caching session
Consistent paths and file name tokens for all types of caching
Current output path for caching is now visible
Universal tokens supported (see Tokens and Templates [Data Management])
Version token supported
No frame padding in the cache File Name mean the frame padding setting from Scene Render options is no longer used.
ICE particle ID attribute can be cached
Setting the new XSI_CACHE_ASCII environment variable lets you save the .icecache file sequence in ASCII.

Rendering

Shader Authoring
All shaders available in Softimage 2011 now use the new Dynamic Shader architecture
No longer have to load *.cgfx or *.fx files into hard-coded CgFX or DXFX shader nodes.
Files are read directly by the Softimage CgFX or HLSL parsers
Shader Versioning
Shader Version Manager
Versioning of shader compounds supported
Option to make shader compounds uneditable
Shader Editor
Shader Wizard
New Shader Events
OnCreateShaderDef
OnCreateShader
OnConnectShader
OnDisonnectShader
New Shader Port Types to match ICE types.
New Array Port Type.
Improved Gradient Port Type.
Shader Tree XML Export .xsishadertree
New CGFX Parser
New HLSL Parser
New SPDL Parser
New .mi Parser
New generic .xsishaderdef Parser
Shaders
Around 35 new utility shaders
Around 170 mental ray shaders
General
Common mental ray
Softimage, Maya and Max now share the same version of mental ray
Stand-ins for rendering animated ICE particle instances
Improved setup for Physical Sky and Sun shaders
RMB Material commands available in render tree material node
Render Pass Partitions now support Stand-ins.
Lighting
Support IES light Profiles
Use mia_photmetric_light in the light's render tree
New flatlight
Additional Area Lights Parameters
Use Geometry a light source (Area Light>Geometry>Object)
Area light>Geometry>User
Low Samples options
Raytraced Soft Shadows
New Light shape attenuation options
Barn Door effect
Light lists
Local Ambient Lighting Property
Get > Property > Ambient Lighting
Render Tree
Connect shaders to the camera node and pass node directly in the render tree (dynamic input ports)
New shader families and new node color coding
Shader nodes support new data types
Render Slate
Show scene information (using tokens) in renders and render region
Layout and color options
Pass options control render, region and preview
Multi-Camera Rendering
Specify a "group" of cameras to be rendered per pass
LUTs
Softimage now supports Autodesk LUSTRE .3dl 3D LUT files
New LUT Preconditioning options control linear to logarithmic conversions
Crosswalk

Version 5.0
Crosswalk 5 supports 3ds Max 2011, Maya 2011, and Softimage 2011
FBX 2011
New FBX scene scaling import and export options
New FBX batch processing commands to support the scaling options
スポンサーサイト
【2010/03/10 12:05】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
SIGGRAPH Replayに行って参りました
まず、ご挨拶できたかた
できなかったかた
皆々様の今後の繁栄をお祈りいたします。
IMG_0177.jpg
入り口にあったのぼり!
左からmudbox,motionbuilder,SI,MAYA,MAX

真ん中にSoftImage!!!
真ん中ってリーダーの場所だよね!
セミナーの後半良いところでSIだったし
なかなかAutodeskやるなぁ!

保守払い続けてる甲斐があったってもんだよ!

最後のぱーりーでTwitterで知り合った方とお話しできたり
地元の級友に出会ったり、学生の頃の先生にあったりで
大爆笑のぱ~り~でした

お食事、飲み物が豪華だったんだけど
これも皆様の保守料の賜物!?
ちがうよねぇw

セミナーの内容はたぶんいろいろ書いてくれる人がいると思うので割愛
SIが好印象に写ったのは贔屓目に観ているからなのか!?
MAYAのスタンドアロンマッチムーブツールいいなぁ~
青芝・・ 青芝・・
HPのワークステーションzシリーズはお金があれば欲しいのう
あ! お金ないや・・・

イベント終了後数人で近くの居酒屋で飲んで!呑んで!のんで~
帰ってきた

このイベント、なんかお邪魔して良かったのだろうか
そのうち何か貢献しろと迫られるのだろうか・・・
保守支払えか!

おまけ

最高のデュエット
マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル
タミーテレルはステージで倒れたんだよなたしか

良くも悪くも良いコンビ過ぎた 切ない・・・

遺作になるかな セクシャルヒーリング
まさかの大復活!大ヒット!
翌年の誕生日前日 お父様に撃たれて亡くなった
モータウンとともに激動の人生を生きた

ちょいと飛び道具
ベンハーパーが歌ってるの発見 かっけー
【2009/10/01 02:59】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
疲れたぁ・・・
今日は、届いたSoftimage2010をセットアップした
びくつきながら(消えたりしないよね)サーバのライセンスをアップグレードし
7.5からSofimage2010へ~

そしてクライアントのVistaマシンに本体インストール!
今回からインストール時にシリアル入れなきゃいけなくなったのね
(前からそうだっけ?忘れたなぁ。。)

ほんで、今回の2010で改善されたところがちょいちょいあった

サテライトレンダリングした時、今まではSlaveマシンのCPUが
DUALでも(Not DualCore)片肺状態で
1っ個しかレンダリングを回してくれなかったんだけど
2010では両方ぶるんぶるん回ってくれやがる!!

そして、じゃじゃーん!
Fedora.jpg
なんも苦労せずFedora10にインストールできた!
これで高いWin買わなくても大丈夫!(グラボのドライバが微妙だけどw)

てーことは今まで本体が動かなかったのでメンタレだけ入れてたんだけど
サテライトのMasterにできそうだ!

早速バッチファイル作っておもむろにレンダー!
がっつり動きましたよ☆

setenv.batに変わってlinuxでは.xsi_2010なファイルなんだけど
こいつに MI_RAY_HOSTSFILE を設定してやってサテライト組んじゃおう
どっかわかりやすいところに

setenv MI_RAY_HOSTSFILE = .ray3hostsまでのパス
こんなの入れたげて
.ray3hostsの中身はWinといっしょねん
ここでちょっと詰まったんだけど
ファイヤーウォールの設定で外向きのポートをあけて無くて
時間食った
たぶん/etc/hosts.allowとかそんな奴設定すれば良かった思うけど
面倒なんで外向きは全部開けっ放しにしちゃった
どうせWANにはつなげることもないし
そのうち調べよ

とりあえずFedoraでバッチができたって事は
かなり楽に遠隔操作できそうだ
バッチファイルつくっときゃsshでログインしてバッチを走らせばいいんだもん
完全にマシンを奥に押し込めるぜ!
あとはWOLの設定しとけば完璧だな

今後はオペーれーションするマシンはそのまま作業しつつ
裏でレンダリング回せる仕組みを考えなくては

Autodeskに買収された事で今ライセンスが2本ある状態なんだけど
7.01で作業しつつ、レンダを2010で回すって感じがいいのかねぇ
これってライセンス違反なのかね・・・
代理店に聞いてみるか

とりあえずFedoraに入れる準備とかは、以前書いた記事通りでいけたので
暇な人は試してみてくださいな

んでは、あでゅー☆

おまけ

美しい
ほれぼれするねー
衣装は山本寛斎さんだそうで
切れてるなぁ・・・

あ~ あ~~ あ~~~
踊れ! 踊れ! 踊れ!
タイトなリズム! いい時代だなぁ
前に何かのCMでかかってたの思い出した
【2009/09/18 23:30】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Adobeかよ!
エンターテイメント業界向け 3 次元 CG 作成ツールの最新版と製品スイートを発表

こうなるとは思ってませんでした・・・
先行のMAYAの情報でアンリミとコンプリが合併して価格を中間に~
みたいなことがあったのでsoftimageもAdvanceが廃止かなぁ
なんて思ってたんですがしっかりのこっとります
ビヘイビアが降りてくると淡い期待をしてたんですが残念・・・

なんかAdvの扱いに困って残した感じがぷんぷんします
ついでに発表でFaceRobotがつくらしいですが無印softimageから搭載なのか
それともAdvにつくのか・・・・
なんか両バージョンについたらAdvの割高感がどんどん強くなっていくような気がする
人ごとながらかわいそうだ
Advの扱いがレンダリングサーバ向けって事らしいので(LAND-Y談)しようがないかとも思うけど

後は今回出たスイート2種
・Autodesk Entertainment Creation Suite
・Autodesk Real-Time Animation Suite
どうもsoftimage、MAYA、Maxをベースに
モーションビルダーやらマッドボックスの抱き合わせ販売っぽい
今後こうなっていくんだろうか
【2009/08/04 21:41】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ModTool7.5が重いというので・・・
IRCでbootcamp上のModTool7.5でのポリゴン編集が重すぎて使い物にならん
という話を聞いたので試してみました
 
お話だとModTool6.5だと早くて7.5だとだめとのこと

ModToolを入れてないのでXSI6.5とSI7.5でやってみたんですが
とりあえず起動していたPCの方でテスト
球をUV500分割して頂点選択

たしかにおっそい・・・
嘔吐机やりやがったか・・・

bootcampの作業が止まったのでこっちでも試し
ん!?

んんん!?

問題ない・・・

と、IRCで報告したりして
よくよく聞いてみると
グラボがATI Radeon HD 2600 XTって標準のものだったらしい

って事はだ
うちのPCもATI Radeon HD 4870
んでbootCampのほうはGeForce8800GT

あれま7.5ってATI使うと遅いのか?
最近普通に7.5使ってても遅さに気づかない僕って何・・・
【2009/05/22 16:09】 | XSI | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。