スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あけましておめでとうございます
とうとう来ました
テン年代 X Age GenerationX !!!

なんとか僕らの時代にしたいものだ!

ちゅーことで! 元旦にアバターを観てきました
正月前にTLで観てくるとか、すげーとか
いろいろ流れてたんだけど
正直面白いとは思えなかった

だって、あの青い原人はきもいじゃん
そんで予告見る限りポカホンタスでしょ?

ネタバレするかもしれませんので改行


















んで観に行ってきました!
川崎の109シネマってところが
都内近郊で一番3Dの良い環境らしいので
そこを予約してもらって友人とGO!

うきうきで、でっかいポップコーンとでっかいアイスティー
もうそれだけでテンション上がる!

そんで映画開始!
予告のティムバートンのアリスで3Dの洗礼!
すげー!
す・・・
よく考えてみたら3Dは初めてじゃないことに気づいた
ディズニーランドのミクロキッズのやつ観に行ったっけか
でもすごい綺麗だったわ

そんで本編開始!

まず宇宙のシーンから
コレは普通にすげー
空気感が半端無かったなぁ
すばらしすぎる!

でもここまでだった
星に着いたらだらだら冗長な修行シーンがつづいて
なげーのなんの
あんないらねーんじゃね?
たいして魅力的じゃないし
森のシーンもジュラシックパークだし
せっかくの3D生かした演出まるでなし
今まで映画の作りのセオリーどおり

もっとババーンとかドドーンとかなんかが飛んでくるとか
そゆーのないのかよ!
終始ぼけーっと時間が過ぎてくだけだった感想・・・
これなら、ファイナルデッドサーキットを3Dで観た方が
アトラクション的でおもろいって!
ワッ!っとよけそうになる臨場感はぜんぜん無し
しかも飛行シーンとかもライド映像的にすれば
もっとおもろいかと思ったのにねー 3D的に

だけど3Dの理を生かした映像美はよかった
とにかく空気感が良く出ていた
言うならば最強のDOF映画って感じ

だけど空間を感じる演出はほぼ無いに等しいので
新たなパンチの効いた体験はできなかったなぁ・・・
あのでっかい岩だって目の前にボン!っと出てきたら
すごい空間を感じる演出できたと思うのに
サイズ詰めすぎだし
煙で覆っちゃうしでもったいないなぁと思った

あとつらかったのは焦点のあった場所以外は
奥行き感があるのにDOF効果がでてるので
目がついて行けず見続けるのがつらかったかなぁ
これはあの方式の弱点っぽいけどどうなんだろう
作り手としては注視させることができる分
よそに意識を回させずにすむのかなぁ

内容はもう予想通りの基本ポカホンタス
それにナウシカっぽいのとか宮崎駿臭がぷんぷん
スタッフの誰か好きなのかなぁ
要素がいぱーいだったなぁ

ラストも主人公が伝説のヒーローに成り代わって
悪の軍団を倒しに行くんだけど
それが人間の軍隊なんだよなぁ
しかも全滅近くまで叩きのめしちゃうしw
ついでにそこにカタルシスはなくオレヒーローな感じで
主人公の苦悩なんてみじんも無い感じ
そらぁこっちも分かるよ、あのボス倒すのはわかるけんどもさぁ
もうちょっとやりようないの?
こちとらポカーンって口あきっぱなしですよ
あんなあっさり寝返るとさ
こっちも邪推しちゃうぜ

原住民に立ち退きをさせるための説得だって
最後通告ぎりぎりまでほとんどしてねーし
それまで楽しそうに遊びほうけてんし
シガニーウィーバーで実験して
アバターに意識を入れ替えできるっぽい感じで
それを見越して、あの星に残る打算があった上で
住民決起して
軍隊やっつけてんじゃん!?
とかさぁ・・・
後先考えない高校生かよ・・・
はじめの頃はクレバーな人間ぽっかったじゃんかぁ

それに主人公の心情を救うためのくだりは
ビデオ録画のちょろっとした苦悩シーンと
あの会社のボスの寂しそうな顔だけっしょ
しかも完全にイニシアチブとられて
軍人にぐうの音も言わされなくなった感じで
軍人が悪役に確定させた事

あんな長い時間かけてそんだけかよ!
ってかんじですわん

結局あの映画は何が言いたかったんだろうか
自然は大切に!
いやいや
侵略戦争はやめましょう!
えぇぇ
悪い行いには手痛いしっぺ返しがありますよ!
・・・・

もうあのラストで!?!??!!?
な感じでしたよ・・・

どうせならシガニーウィーバーの下りは無しで
少しのガスマスクだけで残して
採掘部隊は帰ってしまい
生きていけるか分からない星に残る決意をにおわせて
ラストとかさぁ
それで救われないなら
部隊が帰ったあとに意識入れ替えのくだりやって
よかったねエンディングでしょう

とにかく話が丁寧に作られてない感じがした
こうなると大人が観て楽しむ映画ではないなぁ

でもミッシェルロドリゲスはかっこよかった
毎度だけどw
ああいう役はぴかいちだねぇ あの人
男以上にかっこいいw

アバターで良かったのはとにかく
あの空気感!!
そして3D映像のリファレンス映像的な映画
大写しの絵とか、キャラの寄りの絵とか
今後の指針になるとは思う

CGやってる人は観るべきだと思う
だけど興味ない人はね・・・

世間が絶賛するなら
また「タイタニック」の時のような
世間とのズレで頭にもやもやを残す感じだのう・・・

とにかくダラダラ書いてしまったけど
ある程度はき出せたから
少しすっきり

では、本年もよろしくー
スポンサーサイト
【2010/01/05 04:31】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。