スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
なんてかっこいい!
こんなかっこいいテレビ番組の登場は
未だかつて観たことない!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3514368
スポンサーサイト
【2009/06/04 00:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大根足だなぁ
Zbrushでバラバラに作業してたのを
LOレゾのObjにしてmodoに持って行き
合成しながらトポロジを若干修正

そんでまたZBrushに持って行って
プロジェクションで元のHIレゾの物から
Projectionで貼付けました
細かく崩れている所も出てきたので調整し
とりあえずこんな感じ
099217Wip


大根足だし腕もなんかおかしぃ・・・
とりあえずこのまま進めて次のモデルで考えよっとっと!
【2009/02/17 09:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素体造り
モデリングの続き
素体のモデリングをしてみた
とりあえずポリポリしてこんな感じ
090202Pic01.jpg
別の角度
090202pic02.jpg
手とか足とか超適当だし
ちょっと動画短いかな・・・
まぁいいや
とりあえず、コレを元にzBrushでいじって形を整えてみようかな
とりあえず一回寝て考えよ

【2009/02/02 06:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっちまった・・・
modoで作成したお顔を
zBrushに持っていってスカルプとして
ちょいちょい色塗って
さーやっと今度はXSIでレンダリング!
Ultimapper使ってローポリにハイポリの情報焼き付けっぞ!
と!
やってみたものの
大失敗・・・
09012501.jpg
こんなかんじ・・・
法線おかしいし・・・
初めてUltimapper使うので
いろいろ試してみたがどーにもこーにも・・・
まいどのことながら
#XSIでだだこねたら
”UVおかしいんでないの?”の声
09012502.jpg
がーん・・・ おかしくなっとります・・・
zBrush側でもチェックかけてみたら
09012503.jpg
こんなんですよ・・・
最初のOBJを読み込み直したら
UVおかしくなかったんで
こりゃスカルプトで変にでもなったかなと思ったんだけど
読み込みの段階で
多角形ポリ分割の設定を間違っておりました...
09012504.jpg
こっちが正しいみたいです・・・

はぁ・・・ 
もっかいやり直しだ・・・

2009.1.25 4:30 追記
耳の後ろのぼこぼこはUltiMapperの設定で直せた
サーフェス間での距離を算出で出した物より
小っさくしたら消えましたわん
コレならスカルプトし直さなくても
UV修正するだけでいけるかも

ラッキラッキ!
【2009/01/25 03:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Parallels健闘!!
先日検証したVM環境でのレンダリングテスト
Parallelsでもやってみた

結果は!
よいよい!!

理想にそこそこ近い結果をたたき出したよ

レンダリングしたのはXSIのサンプルにある
Rendertree_Surface_Glass
こいつをただレンダリングしただけでチェック!!

コレをBootcampでレンダリング
マシンはMacPro Xeon 2.8 X2 8Core
8min32Sec74
こんな感じ

VMWare Fusion 上のVista64(bootcamp領域)Xeon 2.8 2Core認識
32min59sec87

まぁ2Core認識なんで4分の1くらいのパフォーマンスか
こんなもんこんなもん

ほんで
Parallels上のXP64(bootcamp領域) Xeon 2.8 8Core認識(ひゃっほー!!)
8min54sec08
08112001.jpg

かなり速いな
コレならいける!!
Mac起動したままレンダのスレーブにできるじゃん

Masterマシン Bootcamp Xeon2.8X2 8Core
Slaveマシン Parallels上のXP64(bootcamp領域使用) Xeon 2.8 8Core認識
6min7Sec43
08112002.jpg

早くなったぞ!
と思いきや・・・

ちょいと落とし穴
サテライトレンダリングライセンスの物理CPU数なんだけど
コレがまたParallelsで認識した8Coreが
8っこの物理CPUと認識して
Slave側が50%の4CPUしか動いていなかった・・・
08112003.jpg

世の中うまくいかんのう・・・
2台のMacProでParallels起動し
スレーブにしてウハウハ状態にしたかったんだけど
勿体ないわ
でもローカルのみだと8Core使ってんだけどなぁ・・・
どうしてどうしてどうして・・・

でもマスターにしたときは8Core使ってるよなぁ・・・

さて検証! 検証!

まず整理してと
マシン1 MacPro01 8Core
マシン2 MacPro02 8Core
マシン3 PC Core2Duo3.0 2Core
物理CPUは5個と
ライセンス的にはマスター2CPU + サテライト4CPUだから足りてるわな
マスター = マシン1      2CPU
スレーブ = マシン2+マシン3 3CPU
コレでもまだフルには使ってないよな

Parallelsがいけないのか検証してみる
マスター マシン2(BootCamp Vista64)
スレーブ マシン1(bootcamp XP64 こいつにParallels入ってた)+マシン3(Vista64)
さてさて レンダリング・ ・ ・
5min9sec29

スコアは上がったが、やはり50%しか使わない・・・
なぜだ・・・
マスターで2CPUスレーブで3CPUでしょ
動いているからとりあえず制限を超えている訳ではなさそうだなぁ
実質スレーブ2CPUか

XP64が原因か検証
マスター マシン3(Vista64)
スレーブ マシン1(BootCamp Vista64)+マシン1(bootcamp XP64)
6min31sec49
がーん・・・
最初はVista側が50%超えて動いていたんだけど(100%ではなく80くらい)
すぐに50%に落ちてきた
結局両方とも終始50%近辺で動いてるわ

ちょいとXSIBaseのぞいてみたら
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=15;action=display;threadid=32609
ここに
•   UDEV00237836 - Raysat.exe does not render on all cores on a Dual Quad core s.ystem (8 CPU)
って書いてあるし
エキサイト翻訳君にかけたら
UDEV00237836--Raysat.exeはDual Quadコア・システムの上ですべてでコアをレンダリングしません。(8CPU)
だとさ・・・

でもまぁレンダリングに50しか使えんのなら他の作業もできるし
Parallelsも有効活用できるかな

今後の作業環境の方針は
制作時(モデリングやらアニメ付けやら)
マスター マシン3(グラフィックカードがMacProに比べて良いやつだから)
スレーブ マシン1でParallels+マシン2でbootcamp(もう1ライセンスParallels買ってもいいかな)

レンダリング時
マスター マシン2bootcamp(8Coreフル活用)
スレーブ マシン1Parallels(なんもしないならbootcampでもいいや)+マシン3(2Coreフル活用)
ってなな感じかなと
てかこんな事ならマシン組む時にE8400の2CoreじゃなくQuadのほうにしときゃ良かったなぁ

とりあえずサテライトレンダリングはXSI7のバグが直るまで検証終了だな
こんな事ばっかやってる時間あったらモデリングとかして
XSIの操作習得した方が効率的なのになぁ バカだな俺・・・

てか、うまくいかんものねー
【2008/11/20 05:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。